「泣く子はいねーか」のなまはげをはじめとする冬のイメージの強い秋田ですが、夏もイベントや行事が盛りだくさんで、とっても熱いスポットなんですよ。

 

秋田の夏の風物詩でもある「秋田竿燈まつり(8/3-8/6)」に田沢湖にまつわる「辰子姫と八郎太郎の伝説」を題材とした「田沢湖・龍神まつり(8/6)」、藩政時代末期から続く七夕行事でもある「花輪ねぷた(8/8)」といったお祭りに加えて、秋田県大仙市で開催される全国の選りすぐりの花火師達が腕を競う「第90回全国花火競技大会「大曲の花火」(8/27)」や男鹿市で開催されるミュージカルと花火の極上のエンターテイメントが楽しめる「第90回全国花火競技大会「大曲の花火」(8/14)」といった花火大会等々、8月は連日秋田のどこかでイベントを楽しむことができるので、この夏休みまだお出かけの予定のない方には是非おすすめですよ。

 

ここでは、この夏注目のお出かけスポット秋田に行ったなら、是非お土産に買って帰りたい、おすすめの一品を5品ご紹介したいと思います。昔ながらの伝統の一品や、ちょっと変わった一品など、お土産で渡せば喜ばれること間違いなしのものばかりですよ。是非、秋田を訪れた際のお土産選びの参考にしてみてくださいね。


縁起の良い商品名はギフトに最適!のぼり饅頭

秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”
秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”

旅行土産は、荷持になるので、その形状やサイズも大切なポイントですよね。そこで、秋田のお土産でおすすめする一品は「開運堂」の「のぼり饅頭」です。なんとも縁起の良い商品名なので、お土産で渡せば喜ばれそうですよね。秋田銘酒の酒粕で仕込んだ生地はしっとりとした食感で中に入っているこし餡はしつこくなく、いくつでも食べられるほどの美味しさですよ。また、小箱に入っていて持ち運びがしやすいのもおすすめのポイント。駅の構内やお土産店などでも購入できるとってもメジャーな商品なので、移動の際などにもサッと購入できるおすすめの一品です。

江戸時代から続く豆腐を使った秋田伝統のスイーツ

秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”
秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”

秋田ならではの一品を、お土産でチョイスしたい方におすすめの一品は「道の駅 雁の里せんなん」さんの「豆腐カステラ」。豆腐とカステラの組合せって美味しいの!?と疑問に思う方も多いかもしれませんが、実は江戸時代から続く秋田を代表する郷土料理の1つなんですよ。豆腐に卵や砂糖、小麦粉を混ぜて焼き上げるシンプルで大豆の甘みを感じることのできる素朴な味のこちらの商品。豆乳を使ったスイーツは最近良く見かけますが、豆腐を使ったちょっと珍しいですよね。ヘルシーで優しい味のスイーツなので、女性や子供、年配の方など幅広い年齢層の方に喜んでもらえると思いますよ。

秋田のお殿様も愛した伝統菓子「もろこし」

秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”
秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”

原材料は砂糖と煎小豆粉だけと至ってシンプル。それでいて、口の中に入れると口の中であずきの優しい甘さが広がりながらホロホロと溶けていく食感は、伝統技術のなせる技で、地元秋田にもファンが沢山いる人気のお菓子なんですよ。また、見た目も花や家紋、秋田犬など様々な型のものがあって、とってもキュートですよ。さっとつまめるひと口サイズのお菓子なので、職場へのお土産で買って行けば、休憩時のちょっとしたお茶菓子として喜ばれること間違いなしですよ。

一度食べると止まらない美味しさの銘菓「金萬」

秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”
秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”

やっぱりお土産を買うなら、その土地の銘菓をチョイスしたい。そんな方におすすめする一品は、「株式会社金萬」の「金萬」。60年以上愛され続けている、秋田の人なら知らない人はいない程有名な秋田を代表する銘菓の1つです。卵やはちみつをふんだんに使って焼き上げたカステラ生地の中には白餡が挟まっていて、例えるなら小さなサイズの今川焼きといった感じでしょうか。小ぶりで食べやすいのも女性には嬉しいポイントですよね。1人で28個も食べちゃう人がいるほどの、止まらない美味しさのこちらの一品なら、どんな方へのお土産にも間違いなしと言えそうですね。

なんとも不思議な食感がやみつきになる「バター餅」

秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”
秋田に行くなら買ってきて!お土産にお願いしたい“しったげうめもん”

秋田でちょっと変わったお土産を買うなら、厳しい冬の季節に狩猟をするマタギの携行食がはじまりと言われている「みうら庵」の「もちもち三角バター餅」はいかがでしょうか?「バター餅」という名を初めて耳にする方も多いかもしれませんが、お餅にバターと卵黄、お砂糖を加えた食べ物で、最近では味しいバター餅を競い合う『BM -1グランプリ』が開催されるほど、秋田では知る人ぞ知る名物なんですよ。フワフワでほんのり甘く、ニューっと伸びる食感は、なんともユニークで不思議な感覚。ちょっと小腹が空いた時のおやつにも最適ですよ。こんなお土産をチョイスすれば、あなたも秋田通の仲間入りかも!?