今回ご紹介するのは「旬の夏野菜を使った彩りイタリアンレシピ」栄養のバランスも考えた旬の野菜を使い、イタリアンに仕上げることで食卓に彩りと上品さを放ちます。そんな食卓をキレイにできるイイ女を目指して…。定番・メイン・パスタ・おつまみ幅広く今最も旬な料理をご紹介します。

”夏野菜×イタリアン”を作れればイイ女

旬の食材・彩り・上品なイタリアンを

出典: magazineworld.jp

今回ご紹介するのは
「旬の夏野菜を使った彩りイタリアンレシピ」

栄養のバランスも考えた旬の野菜を使い、
イタリアンに仕上げることで食卓に彩りと上品さを放ちます。そんな食卓をキレイにできるイイ女を目指して…。今最も旬な料理をご紹介します。

夏野菜×イタリアンレシピ14選

夏野菜イタリアンの定番「カポナータ」

出典: www.kagome.co.jp

【これは覚えるべし!夏野菜のカポナータ】
夏野菜イタリアンの定番とも言えるのが、「カポナータ」。もう一つ定番に、「ラタトゥイユ」というものmのありますが、まずはカポナータから挑戦してみましょう♡
塩・胡椒で味付けするのがカポナータの特徴です。

【材料分量】(4人分)
■カゴメアンナマンマトマト&ガーリック 1瓶(330g)
■なす 2本
■ズッキーニ 1本
■パプリカ 1個
■玉ねぎ 1個
■オリーブ油 大さじ1
■塩・こしょう 各少々

レシピ詳細はこちら

夏野菜イタリアン定番②「ラタトゥイユ」

出典: cookpad.com

【マヨで簡単♪夏野菜のラタトゥイユ】
見事クックパッドで話題入りを果たした人気のレシピ。
油の代わりにマヨネーズを買うことでコクと旨味が倍増するんです。このラタトゥイユをパスタのソースに仕上げたり、バケットやベーグルにディップして食べるのもオススメです。

【材料】 (4人分)
マヨネーズ大さじ2
カットトマト缶1缶(240g)
ナス1本(130g)
☆ズッキーニ1本(200g)
☆ピーマン2個(60g)
☆パプリカ(黄色)1/2個(80g)
玉葱(粗いみじん切り)1/2個(140g)
にんにく(みじん切り) 1かけ
塩小さじ1/4
黒胡椒適量

レシピ詳細はこちら

プロ級の出来栄えに実は簡単メインディッシュ

出典: cookpad.com

【白身魚のポワレ*彩り野菜ソース】
白身魚を彩りキレイな野菜ソースで美味しく。
白身魚は食欲の減る夏でも食べやすく
さらに野菜もたっぷりヘルシーで女性にもぴったり。
フライパンでシンプルにカリッと焼き上げて美味しく召し上がれます。

【材料】 (2人分)
白身魚(カジキ、タラ、鯛など)2切れ
塩・こしょう少々
小麦粉大さじ1

■ 野菜ソース
きゅうり・トマト・パプリカ・玉ねぎなどお好きな配合で各少々
黒酢(バルサミコ酢) 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
塩・こしょう少々

レシピ詳細はこちら

出典: cookpad.com

【サーモンと夏野菜のホイル焼き】
サーモンがあれば是非作ってみて。野菜とお魚を爽やかレモン風味で仕上げて完成。前夜に下準備だけしておいて、あとは当日オーブンで仕上げるのが楽でオススメ。夏のメインディッシュにぴったり♡

【材料 】(4人分)
サーモン4切れ
ズッキーニ1本
スクオッシュ1本
トマト1個
★レモン果汁1個分
★レモン果皮(すりおろし)1個分
★塩コショウ適量
★イタリアンハーブミックス小さじ1
★オリーブオイル 大さじ4

レシピ詳細はこちら

出典: cookpad.com

【なすとズッキーニのチーズ焼き】
こちらクックパッド話題入りした人気レシピ。
ナスとズッキーニ、この二つの夏野菜が相性抜群なんです。そしてこれまたトロ〜りチーズも最強に相性抜群で美味しく召し上がれます。

【材料】
ズッキーニ1本
なす1本
にんにく ひとかけ
とろけるチーズお好みの量
オリーブオイル 大さじ1
塩、ブラックペッパー少々
ハーブソルト(あれば) 少々
タバスコお好みで

レシピ詳細はこちら

出典: cookpad.com

【夏野菜でヘルシー*茄子のイタリアンカツ*】
見事クックパッドで人気トップ10入りを果たしたこちらのレシピは、茄子をパン粉でカリッと揚げて、食べる瞬間は中からトロ〜ッとした甘さを感じるダブルの食感が絶妙。茄子の新しい食べ方に挑戦してみて。

【材料】 (4人分)
茄子4本
塩・胡椒少々
■ a(パン粉50g・粉チーズ大さじ2・粉パセリ大さじ1・にんにく1片)
溶き卵1個分
薄力粉大さじ1~
オリーブ油(サラダ油でもOK) 適量

レシピ詳細はこちら

出典: www.kagome.co.jp

【鱈のトマトパッツァ】
たらのトマトパッツア。オシャレに見せる見た目はもちろん。パッツアは蒸し煮で簡単にできるので暑くてキッチンに立ちたくない時でも時短でオススメ。

【材料分量】(2人分)
■カゴメ基本のトマトソース 1缶
■たら 2切れ
■あさり 50g
■ブロッコリー 1/2個
■ミニトマト 6個
■黒こしょう 少々
■イタリアンパセリ 少々

レシピ詳細はこちら

出典: cookpad.com

【夏野菜のイタリアンハンバーグ】
今晩はハンバーグを作ろうと思っているなら、ぜひとも夏野菜を有効活用してオシャレなイタリアン風にしてみて。
チーズとトマトソースの間にジェノバソースをかけてより見た目・味に工夫を施します。ファミレスでもたまに見かけるイタリアン風ハンバーグ。今度は自宅で挑戦してみてもいいかも。

【材料】 (2人前)
☆合い挽き肉160g
☆玉ねぎ(みじん切り)50g
☆卵(Mサイズ)1個
○パン粉 10g
○牛乳または水10cc
☆塩、胡椒適量
◎ズッキーニ(緑・黄色)各20g
◎赤パプリカ10g
◎水100cc
◎顆粒コンソメ 小さじ
★サツマイモ(ゆでたもの)60g
★砂糖小さじ1
サラダ油大さじ1
市販のトマトソース大さじ2
市販のジェノバソース小さじ1
スライスチーズ(とろけるタイプ)1/2枚
クレソン2本
白ワイン 30cc

レシピ詳細はこちら

楽天レシピ:「夏野菜☆茄子とズッキーニ牛挽肉のオーブン焼き 」より

【夏野菜☆茄子とズッキーニ牛挽肉のオーブン焼き】
ここでもナスとズッキーニの組み合わせ。牛ひき肉と合わせて層に重ねラザニア風に。ミートソースは多めに作ってパスタにも回せますよ。

【材 料】(2~4人分)
茄子2個
ズッキーニ1本
塩・コショウ少々
◎オリーブ油適宜
【ミートソース】
牛挽肉150g
玉ねぎ1個
ホールトマト缶詰200ml
○オリーブ油適宜
塩・コショウ少々
ナツメグ少々
砂糖小さじ2~3
にんにく1かけ
▲オリーブ油大さじ2
ローリエ1枚
ピザ用チーズ80g~100g
バター適宜

レシピ詳細はこちら

夏野菜パスタシリーズ

出典: www.kagome.co.jp

【トマトとモッツァレラチーズの冷製パスタ】
夏のパスタはトマトが使えます。モッツアレラチーズやツナと合わせるのが美味しく召し上がれます。最後にバジルの葉を飾るだけで見栄えが全然変わるので華やかに仕上げてみて。

【材料分量】(2人分)
■カゴメトマトジュース 160ml
■スパゲティ(細め) 140g
■ミニトマト 6~8個
■モッツァレラチーズ 1個
■おろしにんにく 少々
■バジル 6枚分
■オリーブ油 小さじ2
■塩 小さじ1/2
■こしょう 少々

レシピ詳細はこちら

楽天レシピ:「夏‼️ズッキーニ・トマトのイタリアン〜そうめん♪ 」より

【夏‼️ズッキーニ・トマトのイタリアン〜そうめん】
今や作る人も多い夏野菜のそうめん。
ズッキーニ、トマトを使ったイタリアンそうめんはいかが?彩りが綺麗で夏の食欲をそそること間違いなし。

【材 料】(2人分)
ズッキーニ1本
トマト1個
玉ねぎ1個
ツナ缶1缶
オリーブオイル大さじ2
みじん切りにんにく大さじ1
コンソメ小さじ1
塩こしょう少々
バジル(乾燥)小さじ1
そうめん200g

レシピ詳細はこちら

おつまみ感覚でサクッと

出典: cookpad.com

【夏野菜イタリアン炒め】
夏野菜を塩・胡椒で炒めるだけの簡単おつまみ。チーズと新鮮トマトがトロッととろけて絶妙な味わいになります。ワインと一緒にイタリアンを味わってみて。

【材料】 (おつまみ分)
ズッキーニ1/2本
トマト1個
ウインナーソーセージ4本
ゴーダチーズ15g
オリーブオイル 大さじ1
塩コショウ2〜3振り

レシピ詳細はこちら

楽天レシピ:「お父さんも大喜び♪ 夏野菜のピリ辛焼き浸し 」より

【お父さんも大喜び♪ 夏野菜のピリ辛焼き浸し】

ピリ辛感がおつまみにピッタリ。お酒も進みます。

【材 料】(4人分)
赤パプリカ1本
ズッキーニ1本
なす2本
かぼちゃ160g
豆板醤小さじ1/2
ごま油小さじ1
醤油大さじ2
砂糖大さじ1
黒酢又は米酢大さじ3
おろし生姜小さじ1
白髪ねぎ、みょうが、大葉(すべて千切り)各適量
すだち適宜
ごま油適

レシピ詳細はこちら

楽天レシピ:「とまとろ! ★トマトのチーズ焼き★ 」より

【とまとろ!トマトのチーズ焼き】
トマトとチーズのオーブンで仕上げる最強組み合わせ。
ワインやバケットとも相性抜群。
完熟したトマトの甘みと濃厚なチーズがたまりません。

【材 料】(2人分)
トマト1個
オリーブオイル小さじ1
 ★塩少々
 ★ブラックペッパー少々
とろけるタイプのチーズ大さじ1.5

レシピ詳細はこちら

夏野菜でおもてなし上手に

出典: cookpad.com

夏野菜×イタリアンで食卓をキレイに囲みましょう♡
栄養もあり、彩りと上品さを並べて
”イイ女風レシピ完成”です。