旬の夏みかんを使ってジャム作り。失敗なしのおすすめレシピ9選

夏みかんジャムっておいしいの?

甘酸っぱい夏みかんはジャムに最適!

夏みかんは他の柑橘類が冬に食べられるのに対し、夏に食べられる数少ない柑橘です。夏ミカンは他の柑橘と同じように秋には黄色くなりますが、この時点ではとても酸味が強く食べることができません。

翌年の夏まで木に実をつけた状態で完熟させることでようやく食べることができます。そのまま食べたり、厚い皮を利用して砂糖漬けにしたりして食べられています。

その香りの良さや果肉の多さからジャムとして利用されることも多く、マーマレードとしてよく使用されている代表的な果物です。

デトックス効果あり!夏みかんの驚くべき力

夏みかんに含まれる苦味成分である「ヘスペリジン」は腎臓の酸化した中性脂肪を分解し、腎臓で生成されるのを抑制する効果があります。また夏みかんは血液の循環に作用し、サビつきを予防する効果があります。おなか回りが気になる方やこってりした食べ物を食べている方には夏みかんがおすすめです。

また、夏みかんにはたくさんのペクチンが含まれており、腸内の善玉菌を増やす効果があります。さらにクエン酸やビタミンCなど体にうれしいビタミンがたっぷり含まれていて、美肌効果が期待できますので女性にうれしい果実なのです。

夏みかんジャムの基本レシピをご紹介♪

夏みかんは皮から発する香りが強く、果実と一緒に煮込んでマーマレードとして食べられることが多いです。種に含まれるペクチンが全体にとろみを与え、薫り高く甘酸っぱいジャムができあがります。材料も夏みかんと砂糖があれば良いので、思い立ったらすぐに作れてとても便利です。

材料

夏みかん 1kg
砂糖 500g

1.夏みかんを材料ごとに取分けます

出典: http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1320003655/

夏みかんを剥いて皮は刻んでもみ洗いし、実は房から取り出しておきます。種は1/2カップの水と鍋で煮てペクチン液を作っておきます。

2.鍋に皮と実を入れて煮詰めます

夏みかんの皮を沸騰したお湯の中で茹でて、合計3回ほど茹でこぼしておきます。その後鍋に皮と実を入れて、砂糖を加えて火にかけます。沸騰すると弱火にして蓋をし煮詰めていきます。

3.ペクチン液を加えてとろみをつけます

出典: http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1320003655/

鍋の材料が煮詰まってきたら、用意しておいたペクチン液を加えます。かき混ぜてみてとろみがついたら出来上がりです。

4.熱いうちにビンに詰めて蓋をします

出典: http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1040011799/

消毒が終わっているビンに、ジャムが熱いうちに詰めていきます。詰め終わったら蓋をしっかり締めておきましょう。熱いうちにビン詰めをしておけば、ビンの中の空気が抜け密閉することができます。

ポイント

・皮の内側の白い部分は苦みがでるので、スプーンなどでそぎ落としましょう。
・種に含まれるペクチンはジャムのとろみの元になりますので、捨てずに取っておきましょう。
・ジャムは冷めると固くなるので、煮ている際に少しゆるい程度で火を止めましょう。

詳しいレシピはこちら

ジャムの保存方法、賞味期限はいつまで?

保存には煮沸消毒した瓶が最適!

ジャムの保存容器に最適なのは何と言っても密閉できる瓶です。ホームセンターや100円均一ショップで手軽に買うことができます。中をきれいに洗って、たくさんの沸騰したお湯でグツグツと煮ることで煮沸消毒することができます。乾いたふきんなどの上で水気をよく切って使用してください。

また手ごろな瓶が見当たらないという場合は、プラスチック容器がおすすめです。熱湯を注いで殺菌するかアルコール消毒を行い、ジャムを入れれば保存容器として使えます。また冷凍パックなどの保存袋もジャムを保存する際には便利です。

冷蔵は1か月、冷凍は1年が賞味期限

夏みかんのジャムは大量の砂糖で煮詰めているため、長期保存が可能です。密閉した瓶につめれば冷蔵庫で約1か月は保存できます。ジャムは空気に触れた部分から劣化しますので開封後は2週間を目安に消費するように気を付けましょう。密閉した瓶のままか、密閉容器や冷凍パックなどに詰めて保存すれば1年は安全に食べられるといわれています。使う分だけ取り出して、こまめに消費しましょう。

ジャム瓶の真空処理

ジャムを瓶に入れた後に、中の空気を抜き真空にする方法があります。熱いうちにジャムを瓶に入れて蓋をしたら逆さまに置き、しばらく置いておくだけです。雑菌は空気があると繁殖しジャムを劣化させるので、ジャムを保存する際にはぜひやっておきたい工程です。保存状態がぐっと良くなり、日数が経過してもおいしくジャムを食べられますよ。

おすすめ保存容器

銀キャップ保存びん 450 6個セット M6579

Amazon bf1dd890ccaec2a59dcc0360c9b62a28f6c7e3ac92122470e14eb1834e78aac5

銀キャップ保存びん 450 6個セット M6579

¥1,600

ジャムは糖度が高いので、瓶ごと冷凍庫に入れても凍ることはありません。また瓶は傷がつきにくいため雑菌が入りにくく、ジャムの保存容器には最適なのです。大量に作ったら小分けに保存して、使う分だけ取り出して使うようにして消費しましょう。

このジャム保存用の瓶は大量につくられる人のため数個がセットになっています。夏みかんのジャムを作った際はこちらを取り寄せてジャムを保存してみてはいかがでしょう?

夏みかんジャムのおすすめレシピ9選

夏みかんの実だけを使ったジャム

夏みかんの皮は皮の白い部分を削り取ったり、茹でこぼしを何度もしたりと苦みを抑えるための下処理がとっても面倒ですよね。この苦労をしないでジャムを作る方法はないのでしょうか?実は夏みかんの皮を使わなくても実の部分だけでもジャムを作ることはできるんです!これで面倒な皮の処理とはおさらば♪おいしい夏みかんジャムがすぐに作れちゃいますよ。

◆材料
夏みかん(実の部分) 1kg
砂糖 600g

詳しいレシピはこちら

圧力鍋で時間短縮♪楽ちん夏みかんジャム

ジャムを作る工程は鍋でグツグツ煮詰めるのが熱くて面倒ですよね。思い立ったらすぐにジャムづくりができて、しかも完成までのスピードアップを図るなら圧力鍋がおすすめです。圧力鍋なら加圧によって煮詰める時間は約2分!あとは自分の好みの固さに整えるだけで、簡単にジャムができちゃうんです。この便利さを知ってしまうと、普段のジャムづくりには戻れないかもしれませんよ♪

◆材料
夏みかん 2個
砂糖 500g
水 200cc
レモン汁 1個分

詳しいレシピはこちら

重層で時間短縮♪トロトロ夏みかんジャム

圧力鍋なんてないけど時間短縮したい!そんな人には重層を使ったジャムのレシピがおすすめです。夏みかんの皮をあらかじめ重層で煮ることで、苦みが飛びやすくなり柔らかくなるんです。何度も行っていた茹でこぼしの時間が短縮でき、ジャム完成までの時間は30分程度になります。出来上がったジャムも皮の固さが舌に残りづらくなり、トロリとした食感を楽しめます。

◆材料
夏みかん 1kg
白砂糖 1kg
重曹 小さじ2

詳しいレシピはこちら

寒天でとろみをつけた変わり種ジャム

夏みかんの種をうっかり捨ててしまって、このまま煮詰めてもとろみが出ない!なんて慌てている人には寒天を使ったジャムのレシピはいかがでしょうか?寒天を使えばジャムが固まりすぎてしまうこともありませんし、じっくり煮詰める必要もありません。砂糖の代わりに人工甘味料を使えば、ぐっとカロリーダウンしたジャムを作ることができますよ。

◆材料
夏みかん(実だけ) 800g
レモン汁 大さじ1
きび砂糖 300g
寒天 4g
夏みかんの煮汁 大さじ2

詳しいレシピはこちら

純米吟醸の香りが漂う大人の日本酒ジャム

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/49596/blog/15281058

いつもとは違う夏みかんのジャムを作りたいのなら、吟醸酒を加えたちょっと大人のジャムはいかがでしょうか?蓋を開けると日本酒がふわっと香り、特別なひと時を作り出してくれます。アルコールは飛んでいるので朝食のパンにつけてもいいですし、クラッカーやクリームチーズと合わせて食べても絶品です。焼き菓子のソースとしても活躍できますよ。

◆材料
甘夏(夏みかん) 4個
てんさい糖 100~150g
純米吟醸酒 100ml

詳しいレシピはこちら

ジャスミン香る爽やかな夏みかんジャム♪

夏みかんジャムに香りをプラスするなら、ジャスミンティーがおすすめです。ジャスミンの華やかな香りが夏みかんジャムに移って、贅沢なジャムに変身するんです♪ジャムの蓋を開けるとジャスミンがふわりと香る夏みかんジャムは、自分のご褒美にもプレゼントにしても最適!贅沢な気分にさせてくれるレシピです。

◆材料
夏みかん 2個
砂糖 150g
ジャスミンティー 4g

詳しいレシピはこちら

蜂蜜がほんのり香る♪夏みかんジャム

夏みかんジャムのいつもの美味しさに、はちみつをプラスするのもおすすめなんです!はちみつ独特の甘い香りが夏みかんジャムのほのかな苦みと絶妙にマッチします。普段夏みかんジャムが苦手な人でも、はちみつがプラスされているものなら食べられるという人もいるほどです。子供にも人気なようで朝ごはんのトーストやヨーグルトに乗せて食べると絶品なのだそうですよ♪

◆材料
夏みかん 1個
砂糖 100g
蜂蜜 300g

詳しいレシピはこちら

オリゴ糖でヘルシージャム

ジャムを作ったことがある人なら、ジャムに大量の砂糖が使われていることを知っていると思います。甘くて美味しいけど、砂糖の量が気になって食べるのを控えているという人もいるのではないでしょうか?それなら砂糖をつかわずオリゴ糖や蜂蜜だけで甘さを出したジャムはいかがでしょう。簡単でとろみをつけているので、オリゴ糖との相乗効果でおなかの調子も良くなるかもしれませんよ。

◆材料
夏みかん 3個
蜂蜜 200g
液体オリゴ糖 200g
寒天 15g
水 果肉の2倍の量

詳しいレシピはこちら

紅茶風味の夏みかんジャム♪

紅茶の香りを閉じ込めた夏みかんジャムは、紅茶好きな人にはたまらない美味しさです。作り方も好きな紅茶のティーパックと一緒にコトコト煮詰めるだけ!あなただけのお気に入りの夏みかんジャムが出来上がるのです。パンに乗せてもおいしいですし、スコーンやビスケットと一緒に食べても絶品ですよ。夏みかんの実だけを使うので苦みもありません♪

◆材料
夏みかん 4個
砂糖 200g
紅茶のティーパック 1袋

詳しいレシピはこちら

夏みかんジャムで夏を満喫して

出典: http://snapdish.co/d/azTuCa

夏になると庭の木いっぱいに夏みかんができます


Related Posts

寒い夜の快眠に!身体を温めてくれる寝る前に飲みたい次世代ホットドリンク7選

寒い夜の快眠に!身体を温めてくれる寝る前に飲みたい次世代ホットドリンク7選

ヘルシーな石川土産!麩の老舗専門店「加賀麩不室屋」で必見のお麩3選

ヘルシーな石川土産!麩の老舗専門店「加賀麩不室屋」で必見のお麩3選

伝統と革新のコントラスト!英国の朝食「イングリッシュブレックファスト」

伝統と革新のコントラスト!英国の朝食「イングリッシュブレックファスト」