炎天下の日もあれば、ゲリラ豪雨や台風の日もある。室内に入れば冷房が効き過ぎていたり。夏はカラダがいつも以上に酷使されていますよね。刺激的な味もいいけれど、たまにはカラダを休めるメニューも。そこで、インスタグラマーの@chinamisakamotoさんに、今カラダが喜ぶ〝メインになるスープ”をご紹介いただきました!(編集部)

即元気に! スープでカラダを回復しましょう

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。今回は、カラダが欲しがる「食べるクスリ」つまり食べると即効栄養が吸収される「スープ」について書いてみました。素朴な素材で十分おいしいお手軽スープ、水分が多い分 食材が柔らかくなり栄養を一層効率よく摂れるという特徴があります。いつもは脇役のスープですが、今回はメインで食べたいとっておきメニューをご紹介します!

 

写真は、豆腐と鰯のつみれ風ふわふわスープです。みじん切りにした人参といんげん豆、しょうが汁、卵、かたくり粉、塩などをもめん豆腐やすり身と混ぜ合わせ、耐熱ラップに包んで電子レンジでチン!かつお出汁で数分煮込めば、和風スープの出来上がり。

メインになる! とっておきスープ6選

旨味が凝縮、手羽先のチーズスープカレーです。油をひいたフライパンで、手羽先の表面に焼き色をつけておくとさらに美味しく仕上がります

 

 

IMG_5509

 

野菜どっさり栄養たっぷり、からだが喜ぶミネストローネ!トマトのビタミンCは熱に弱く長時間熱を加えると壊れやすくなるので、有効に摂りたい方は仕上げにぜひ刻んだ生トマトを加えてくださいね。

 

 

IMG_5301

 

こちらは、ニンニクで炒めたみじん切り野菜と魚介類をトマトの水煮缶やワインで煮込み、仕上げに味噌と醤油を加えた食べ応え十分な魚介のスープです。ビタミンA、B1、B2、Cが豊富で、鉄、カロチン、カルシウム、カリウム、食物繊維がまとめてとれる栄養価の高いパセリ、たっぷりかけていただきます。

 

 

IMG_3397

 

これからの季節にぴったり、カブのスープです。オリーブオイルをひいたフライパンでニンニクとパンチェッタを炒めます。オイルにニンニクの香りが移ったころにカブを入れて更に炒めます。火が通ったらコンソメスープを注ぎ入れ、カブが柔らかくなるまで中火で数分煮ます。塩胡椒で味を調えたら出来上がり。

 

 

IMG_3623

 

天ぷらゴボウのミソスープ。根菜が恋しくなる季節がやってきます。秋から冬にかけて我が家はよくレンコンの天ぷらやしょうがの天ぷらを味噌汁に入れます。えっ?と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。元々は根菜を食べなかった子どもたちのために作ったのがきっかけですが、根菜天ぷらを入れることで栄養価が増し体を温めることができるので、寒い季節の定番メニューになりました。

 

 

IMG_3639

 

炒めたみじん切り玉ねぎと茹でたブロッコリーをフードプロセッサーで撹拌した豆乳ポタージュ。サッと湯通しした花豆腐を入れてみました。

 

 

スープメニュー、いかがでしたか。忙しい日々を送っていらっしゃるジンジャー世代、手軽に栄養を摂りたい方や時短料理がお好みの方など、とくにおすすめです!ぜひぜひお試しくださいね!