おめでたい日に食べる「おこわ」。”うるち米”を蒸した硬い飯を、”お米”の白飯と区別して、強飯(こわいい)と呼んだのが始まりだそうです。”こわいい”が「おこわ」になったのは、室町時代初頭に貴族や宮中に仕える女性「女房」が使い始めた隠語的な言葉で、現在でも多く用いられるようになりました。赤飯はおこわに赤豆を加えたもので、本来はおこわと呼ばれるそうです。今回は、おめでたい日に食べたい「おこわ」を3つご紹介します。


1:季節を感じるおこわ

意外と知らない人が多い!おこわと赤飯の違い

成城学園前にある『あんや』は、地域の方に愛されている和菓子屋さん。店内の工房でお菓子を作り、茶房もあるのでそちらでもお菓子やかき氷、あんみつなどの甘味もいただくことができます。「季節のおこわ」は1ヶ月ごとに味が変わる、もちもちの食感も絶妙なおこわです。その季節の食材を使ったおこわを是非味わってみてください。

2:栗おこわなら絶対「和栗や」

意外と知らない人が多い!おこわと赤飯の違い

「和栗や」は日本一の栗の郷と呼ばれる茨城県笠間・岩間地方の栗の生産者と加工者が一つになった和栗専門店。販売される栗は無燻蒸(収穫後に殺虫剤消毒をしていない)。栗はでんぷん質なので、穫れてすぐの栗にはほとんど甘みがなく、低温で熟成することにより糖度が大幅に増すのですが、一ヶ月以上低温で貯蔵した岩間の栗は、自然な甘みが引き出され、栗本来のほっこりとした甘味が素晴らしいです!

3:大阪の隠れ名物おこわ

意外と知らない人が多い!おこわと赤飯の違い

絹笠という老舗の御菓子屋が販売している大阪の隠れ名物「ふる里の味 とん蝶」。大阪にある各店舗の他に、新大阪駅構内の売店等でも見つけられるそうです。ふつうのおにぎりよりは少し大きめのこの三角のおこわごはん。大豆と昆布と小さな梅干しがぎゅっと詰まっています。素朴な味なのですが、これがとっても癖になる美味しさ。餅米なので、一つ食べたら充分おなかいっぱいになります。おなか持ちがいいのも魅力の一つです。