暑い日に、完熟トマトを頬張る――。「美味!!!」っと思わずうなった記憶が皆さんにもあるのではないでしょうか。そのキュートな色と見た目から、メイン料理の付け合わせとして使われることも多いトマトですが、ちょっとの手間で、さらに美味しく、時にはメインに早変わり。
見た目もキュートなトマトの調理アレンジをご紹介します。

トマトのオープンサンド 

完熟トマトがあったら真っ先に作りたい、夏ならではの贅沢です! 

 

作り方:パンをカリッとなるまで焼いたら、マヨネーズを塗って、トマトのスライスをのせる。上からシーソルトと黒胡椒を挽く。

パンコントマテ

カタルーニャの名物、パンコントマテはまさにその名の通り、パンとトマト。初めてスペインで出会った時は、このシンプルさと美味しさに感動したのを覚えています。朝ごはんに、スナックに、ワインのお供にといつ食べても美味しいそんな一品です。 

 

作り方:オリーブオイルをさっと塗ってカリッと焼いたバゲットに、生のニンニクを手で擦り付け、トマトのすりおろしを乗せ、塩と胡椒で味付けします。

ローストミニトマト

オーブンで火を通すとまた違った味わいになるトマト。つい美味しそうでこの時期買いすぎてしまいがちですが、そんな時はこうして新鮮なうちにローストしておくと、付け合わせ、特に朝食のポーチドエッグの横にGOODです。 

 

作り方:オーブンを200度に熱する。天板にトマトを乗せ、塩と胡椒、オリーブオイルを全体にかけてさっと手で混ぜる。トマトが重ならないように広げ、柔らかくなるまで約15−20分焼く。

トマトのブルスケッタ

今やトマトのレシピと言えば、真っ先にブルスケッタが思い浮かぶ人が多いと思います。それほど私たちの生活にすっかり定着したイタリアの前菜。何度パーティーでサーブしても喜ばれるのが嬉しいです。 

 

作り方:角切りにしたトマト(小さいミニトマトなら2〜4等分でも)、エシャロットのみじん切り、ニンニクのすりおろしに、オリーブ油、バルサミコ酢少々、塩、コショウで味付けし、冷蔵庫で1時間ほど冷やして味をブレンドさせる。パンコントマテ同様にバゲットを焼き、トマトをのせる。