食欲の秋! とは言っても、ボディラインのことを考えると、お腹いっぱい食べるのはなんだか心配……。そんな女性の強い味方が「きのこ」。
今回は、秋の味覚、きのこがたっぷり入った炊き込みご飯レシピをご紹介します。
だしは椎茸のもどし汁だけのシンプルな味付けで、きのこの風味を味わいましょう♪

ダイエットや美容の味方きのこ!

しめじ

しめじには、ビタミンDが豊富に含まれています。ビタミンDは、カルシウムの体内吸収を上げてくれる効果が高いので、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。特に、女性は年齢とともにホルモンの分泌物が減少して、骨密度が下がると言われているので、ぜひ積極的に摂りたい食材です。

 

まいたけ

肌荒れを防ぐビタミンB2、お肌の潤いを保つトレハロースなど美肌に有効な成分がたっぷり含まれるのがまいたけ。美白にも有効! きのこ類はボリューム満点なのにカロリーが低く、食物繊維が美腸にもGOOD。安心して食べられのが嬉しいポイントです。

お米のモチモチの触感に思わずうなる美味しさ!!

「素材の旨味と栄養を生かしたスピーディーな料理をいかにつくるか」を追及して完成した、鍋の傑作。

鍋の内部の温度が100℃以上に上がるので、米が急速にα化(デンプンに水を加えて加熱すると粘りが出て柔らかくなること)し、モチモチとした羽釜に負けない炊き上がりになります!
 
無水鍋 ムスイ 20cm   余分に水を加えず、加熱時間が短くすむので、デリケートなビタミン、ミネラル等の損失が少なくてすむのが大きな特徴です。   無水鍋(R)は、本体、フタとも、熱伝導率がよく耐久性に優れた厚手の高級アルミ鋳物製。1953年発売以来の機能と基本デザインを守りながら、より使いやすくより美しく現代のライフスタイルに合わせたつくりになっています。無水調理はもちろん、炊飯鍋、てんぷらなべ、オーブンとしても使える多機能鍋です。 あなたの美容アイテムに加えてみませんか?    

きのこたっぷり炊き込みご飯レシピ

油揚げと干ししいたけが味のポイントなので、必ず入れてくださいね。
えび、鶏肉などを入れると、旨みがプラスされ、また違ったおいしさが楽しめます。

 

●材料 【無水鍋®20cm使用】
米 3合、 水と干ししいたけの戻し汁合わせて  540cc、 油揚げ 1枚、 こんにゃく 1/2枚、
干ししいたけ 3枚、 しめじ 50g、 えのきたけ  50g、 まいたけ 50g、 にんじん 50g、 ごぼう 20cm、
みつば 1/2把、 酒 大さじ3、 しょうゆ 大さじ 3、 塩 小さじ1/2

 

●作り方

  1. 米は炊く30分前に洗い水気を切っておく。

    干ししいたけはもどし、油揚げは湯通しをして油を抜き、こんにゃくは塩でもみ茹でておく。

    ごぼうは縦に包丁目を入れて水をはったボールの上でささがきにする。人参は千切り、他の材料は小さめの短冊切りにする。きのこは小口にほぐし、みつばは 2cmくらいに切っておく。

 

2. みつば以外の材料を無水鍋®に入れ、ひと混ぜし、フタをして強火にかける。

 

3. フタの間から勢いよく蒸気が出て沸騰したら、ごく弱火(ほたる火)にして10~15分炊く。

 

4. 火を止めたらそのまま8分蒸らす。蒸らし終わったらみつばを加え、さっくり混ぜ合わせ盛り付ける。

 

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)