「京都」「金沢」「松江」といえば、日本三大菓子処として有名です。城下町のもと、お茶文化の発展とともにお菓子文化も大きく発展しました。最近では、「歴女」にも城下町は人気スポットですが、城下町に訪れた時はお菓子がおいしいという事をお忘れなく。旅行のお土産も城下町で購入するのがおすすめですよ!そこで今回は、「京都」「金沢」「松江」を代表するお菓子を3つご紹介します!


1:【松江】氷をスイーツに代えたような琥珀菓子

日本3大和菓子処「京都」「金沢」「松江」の絶品菓子に迫る!

氷室から取り出した氷をノミで小さくくだいて供されたような、目に涼しげな和菓子。残暑を忘れさせてくれるような逸品、岡三英堂が販売する『氷室』です。

 

『氷室』はキラキラと氷のように美しい琥珀菓子。まるで氷をくだいて作ったようにシャープなエッジ、赤、青、紫に淡く染められ、見た目にも涼を誘います。表面は固くシャリシャリとしていて、中は寒天のプルプルとした食感が味わえます。

2:【京都】日本文化の美しさを詰め込んだ「京ふうせん」

日本3大和菓子処「京都」「金沢」「松江」の絶品菓子に迫る!

京和菓子の文化と伝統を継承する老舗「末富」。こちらで販売されている焼き菓子「京ふうせん」は、京都限定のものです。可愛らしいうさぎと、お月様とススキの干菓子が添えられています。ただ可愛らしいだけのお菓子ならどこにでもありますが、末富さんの和菓子の素晴らしさは、日本の文化や伝統を深く理解しながら和菓子で表現し伝えようとしている奥深さにあります。

3:【金沢】賞味期限は当日!こだわりのあんころ餅

日本3大和菓子処「京都」「金沢」「松江」の絶品菓子に迫る!

「圓八のあんころ餅」と言えば、石川県民なら知らない人&食べたことがない人はいない、お馴染みの銘菓です。こちらのあんころ餅は竹皮に包まれているため、あんに趣(おもむき)ある竹の香が移っています。お餅もこしあんも口どけが良くなめらかな食感で、雑味のないあっさりとした味わいは、いくつでも食べられるおいしさ。その秘密は手間暇かけた製法にあり!出来上がるまでには3日もかかるというこだわりようです!