帰省や旅行の際、密かに頭を悩ませるお土産。相手との関係や年齢、好み、日持ち等々、考慮するポイントが実は多くて、お財布と相談すると益々ハードルは高くなってしまいます。夏休みシーズンは終わりましたが、過ごしやすい秋はこれから。お出かけや旅行へ。そんな時に是非思い出して欲しい、その土地特有の歴史と味が詰まったお土産を47都道府県全て集めてみました。今回は、関東地方のお薦め10選をご紹介です。


1:話題のエシレバターの感動を!『ガレット・エシレ』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

フランス中西部の小さな村・エシレで作られるエシレバターは、世界中の三ツ星シェフや一流パティシエ御用達。各国のロイヤルファミリーにも愛されている究極のバターです。

 

世界初・エシレバターの専門店「エシレ・メゾン デュ ブール」のガレット・エシレは、シンプルな素材にエシレバターを贅沢に使用。香ばしいバターの香りとなめらかな口どけで、もらった方を笑顔にすること間違いなしです。

2:手軽でスマート。とらやの『小型羊羹 限定パッケージ』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

こちらの小型羊羹は、あの老舗「とらや」の一品。包丁いらずで手も汚さず、いつでも気軽に食べられる手帳サイズ。スティックタイプなので、仕事の合間にも食べやすいですね。小箱サイズなので、もらう側にも気を遣わせません。

 

駅舎がモチーフのオシャレなパッケージは、パリ在住の画家、P.ワイズベッカー氏描きおろし作品。東京ステーションホテル2階「TORAYA TOKYO」の限定品なので、東京駅でのみ購入可能です。

3: 横浜土産と言ったらコレ!ありあけの『横濱ハーバー』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

横浜土産の絶対的エース、ありあけの「横濱ハーバー」。誕生60年を迎え、長く愛されているお土産の1つです。

「ダブルマロン」は船を模った薄くて柔らかいカステラ生地の中に、マロンがぎっしり。しっとりとした食感とマロンの味わいが絶妙です。「黒船ショコラ」はブラックココア入りのビターな生地の中に、コクのあるチョコレート餡。甘すぎない大人の味です。洋酒との相性が意外にもピッタリ!男性にも喜んで頂けます。

4:横浜中華街イチオシ!華正樓の「月餅」

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

華正樓は、横浜中華街でも歴史ある北京料理専門店です。中国の伝統的菓子、月餅も老舗の手にかかると、古来の製法を基に現在風にアレンジされています。

 

10種類以上ある月餅の1つ「巧克力月餅(ちょこりげっぺい)」は、カカオ、砂糖、月餅生地で構成され、洋菓子のチョコレートとは違うすっきりとした後味。上質な材料を豊富に使っていることを感じさせます。栗、ゴマ、くるみなどを使ったその他の焼き菓子もおすすめです。

5:可愛いぴーちゃんにみんなメロメロ!『ぴーなっつ最中』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

落花生の形をした最中に、こちらも落花生を練りこんだ白餡がぎっしり。ピーナツ風味の程良い甘さがクセになる「ぴーなっつ最中」は、明治創業の老舗和菓子店・なごみの米屋の人気商品です。

 

この最中、落花生の形が見えるように透明袋にして、つぶらな瞳が可愛い「ぴーちゃん」としてキャラクター化。赤を基調にピーナツ型のパッケージに詰めてリニューアルしたところ、その愛らしさがウケて瞬く間に大人気となりました。

6:あのかんぴょうがスイーツに!?乙女屋の『るかんた』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

海苔巻きや細巻きでおなじみのかんぴょう。実は栃木県の名産の1つなんです。このかんぴょうを使った珍しいお菓子「るかんた」は、赤ワインや砂糖と共にジャム状にしたかんぴょうを、スポンジ生地で包んでしっとり焼き上げた一品。

 

中身の味は洋風アーモンド、和風桃山味、小豆の3種類。その他にも季節限定の味もあります。小山市の老舗菓子店・乙女屋を代表するこの商品は、第24回全国菓子博最高位も受賞しています。

7:甘くない!お食事ラスク『グーテ・デ・ロワ ソムリエ』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

ガトーフェスタハラダのラスク「グーテ・デ・ロワ」は、シュガーやチョコレートでコーティングされた大人気の商品です。そんなラスク=甘いのイメージを覆すのが「グーテ・デ・ロワ ソムリエ」。「ワインに合う」がコンセプトの甘くないラスクなんです。

 

ガーリック、オニオン、チーズに加えトリュフまで贅沢に香り立つ、まさしく大人のラスク。そのままでも十分に美味しく、オードブルラスクと称しているのも納得の味です。

 

9:甘さの秘密は零蔵熟成。笠間の栗使用『すいーとまろん』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

茨城県は栗の生産日本一ということをご存知でしょうか?その中でも笠間市の栗は、高い生産量を誇ると共に、零蔵熟成で糖化を進めて甘さと美味しさを引き出しています。

 

その笠間の栗を使った「すいーとまろん」は、ペースト状にした栗にブランデーや砂糖を練り込み、しっとりなめらかに焼き上げています。上品な栗の風味が口いっぱいに広がりますが、甘さは控えめ。食べやすい一口サイズで、つい手が伸びてしまうこと請け合いです。

9:今も昔も変わらない味を。石川煎餅店の『手焼き煎餅』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

埼玉県上尾市の石川煎餅店は、昔ながらの手焼き煎餅のお店です。秘伝の醤油を一枚一枚刷毛で塗り、熟練の職人が丁寧に焼いています。袋詰めも全て手作業の「本手焼き」は、上尾市観光協会推奨品にも認定されています。

 

手間暇かけて焼き上げたお煎餅は少々大ぶり。醤油の香ばしさと深みが口いっぱいに広がります。驚いたことに、ビールやワインにも全く違和感なく合うとのこと。クラッカー感覚で外国の方にも喜んで頂けます。

10:オーガニックなとろける美味しさ『ピーナッツバター』

もう悩まない!定番から隠れ逸品まで全国のオススメのお土産10選【関東地方編】

HAPPY NUTS DAYのピーナッツバターは、子供にも安心の、とてもシンプルな材料で作られています。材料は落花生、てんさい糖、塩のみ。甘さは控えめですが、職人による焙煎と上質なピーナッツを使用することで、美味しさがギュっと濃縮されています。

 

粒のありなしは、可愛いイラストが描かれたフタで一目瞭然。保冷カバーとして使える包装や、贈り物には、オリジナルハンカチでラッピングしてくれます。