おにぎりだけでない、おやつとしても楽しめる逸品

一番初めに摘まれた最高級海苔だけを使用した素材の味が生きる徳三郎の味のり「匠」

私は、海苔の味なんてどれも同じだと思っていました。しかし、この海苔と出会ってからは海苔に対する考え方が一変したのです。

 

まず、使われている素材が違います。高級な有明産の中でも希少性の高い、一番初めに摘まれた最高級海苔だけを使用しているから、香りが高いうえに口溶けが柔らかいのです。また、味つけに使われている調味液も、全てが手作りで、昔ながらの味を再現するために、エキスや化学調味料、添加物など余計な物は一切使用せず、大釜でぐつぐつと時間を掛けて煮出した本物の味です。

 

しかも、そこで使われている材料は、高級料亭で使用されているものと同様に、こだわりの天然塩や和砂糖、枕崎の鰹節、北海道の昆布、国産の干し椎茸をふんだんに使用しています。だからこそ、海苔本来の風味を活かしながらも、奥深い甘さが口の中に広がるのでしょう。パリパリの小気味良い食感から、綿菓子の様に口の中で溶けてなくなり、そこから口いっぱいに広がる海苔本来の味がお楽しみ頂ける一品だと思います。