紅葉のシーズン、京都の老舗 麩嘉さんの散らし麩で手軽に季節を感じて

木々が彩づいて一年で一番好きな季節です。松茸、蟹、根菜、柿に栗などなど、私の好きな食べ物が美味しくなるのも大好きな理由のひとつ。食いしん坊な私ですが、特に和食のときには食卓にも季節感を取り入れたい!と思うときもあります。そうゆう時に手軽に彩りを添えてくれる一品が、麩嘉さんの散らし麩。麩嘉さんは約二百年前の江戸時代後期に創業された京都の麩専門の老舗。京料理に欠かせない食材の生麩を作り続けていらして、和食の料理人さん方は指名買いされていらっしゃいます。生麩はもちろん絶品で、私も錦市場のお店には京都に行った際に必ず寄らせて頂きます。

食卓で季節を感じる、とてつもなく可愛い麩嘉の「散らし麩」

生麩を頂きに上がった際にレジ横で超可愛いお品を発見!それがこの散らし麩でした。まずこのルックスのかわいさに一目惚れ!抜き型で抜かれた形のニュアンスのある可愛らしさ、上品な色合い、ひとつひとつの小ぶりな大きさと何もかもがかわいい!早速に大量買いしたことは言うまでもありません。散らし麩は生麩を型で抜いて、天日で乾燥させて作られているそうで、30分ほど戻して使います。簡単にお吸い物など椀ものに入れても良し、お湯でさっと茹でて和え物などに添えても映えますし、サクっと揚げてもアクセントになって素敵です。年末年始に向けてのおもてなしやお正月料理にも大活躍間違いなしの逸品と思います。

 

住 所:京都市中京区錦小路堺町角菊屋町534-1
電話番号:075-221-4533 FAX:075-221-1608
営業時間:9:30-18:00(水曜のみ17:30)