だんだん冬に近づくにつれ、寒くなってきました。寒くなると朝も起き辛くなり、布団からも出られなくなりますが、そんな時にストレスなく気持ちよく起きられる方法をご紹介いたします。今回は、朝が早く来い!と思わず思ってしまう、大福などの和菓子やチーズケーキなどの洋菓子、フルーツの旨味がたっぷり入ったゼリーなどのスイーツを取り揃えてみました。夜に食べると体重などを気にしてしまうところですが、朝にスイーツを食べるなら罪悪感も減少してオススメです!


1:あまおうの2Lサイズを使用した「苺大福」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選
気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

まずは、和菓子から紹介いたします。季節限定のフルーツ“苺”を使ったのが、まめの「苺大福」です。こちらの苺はあまおうの2Lサイズを使用しており、大福の中身はほとんど苺なんだそうです。皮はとっても薄く自家製のこしあんは上品な甘さで、あまおうの酸味とのバランスも最高なのだそうです。4月中旬頃までは味わえるそうですので、ぜひ朝食に選んでみてはいかがでしょうか。

2:食べ方を比べも楽しい「梅ヶ枝餅」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

続いては、そのまま食べても温めても美味しい、福岡の名物をご紹介します。太宰府天満宮を拝観したらぜひ食べたいのが、かさの家の「梅ヶ枝餅」です。あずき餡を薄いお餅の生地でくるみ、鉄板で焼き上げた焼餅です。いろいろないわれがある焼餅ですが、家で楽しむ際には電子レンジで温めて生地を柔らかくするか、お餅をパリッとした歯ごたえになるようにオーブントースターで焼くかの2通りの食べ方があるそうですので、忙しい朝ですが食べ比べてみることをオススメいたします。

3:食べやすさと低価格も魅力の「空也最中」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選
気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

和菓子の最後を締めるに相応しい、和菓子でも定番の最中をご紹介いたします。ビジネス系の手土産や例年は年内の予約はほぼ出来ないのが、空也の「空也最中」です。こちらの最中は全てお店に併設している工場で作られており、その日にできたものはその日で売り切れてしまうほど人気です。楕円形で小ぶり、皮は焦がし皮となっており、香ばしさも楽しめることができます。価格も1個100円台で購入もしやすく、食べやすさも魅力の和菓子です。

購入の際は、予約をすることをオススメいたします。

4:オーブントースターで焼いてアツアツにして食べる「デンマークチーズケーキ」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

ここからは洋菓子をご紹介します。キュレーターの方も2回紹介しているのが、観音屋のちょっと珍しい「デンマークチーズケーキ」です。チーズケーキだと、そのままで食べることがほとんどだと思いますが、こちらのチーズケーキは、オーブントースターで焼いてアツアツにして食べるのだそうです。デンマークから輸入した最古のレシピを使っているという生チーズと、ふわふわで柔らかいスポンジケーキの組み合わせが口の中で融合し、なんともいえない味になるのだとか。大きさも手のひらサイズなので、食べやすさも魅力のチーズケーキです。

5:サクサクのパイ生地と栗の柔らかい食感が楽しめる「マロンパイ」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選
気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

次は、旬を迎えている食材“栗”を使ったパイを紹介します。福岡にあるダックワーズ発祥のお店としても有名なフランス菓子16区の「マロンパイ」は、開店以来35年にわたって秋の風物詩として親しまれているのだそう。熊本県の契約農園の栗を使用し、風味を逃さないよう渋皮ごと炊き上げられ、栗のクリームと共にパイ生地で包まれます。サクサクのパイ生地と栗の柔らかい食感が楽しめますが、オーブンで温めるとより一層美味しいとのこと。朝が楽しくなるパイ菓子ではないでしょうか。

6:糖質を押さえた「ふたばガトーショコラ」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選
気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

食事でどうしても甘いモノを食べられない方でも、食べやすい洋菓子を紹介します。糖尿病を患っているパティシエの方が作ったのが、メゾンドロースノアの「ふたばガトーショコラ」です。糖分を使用したガトーショコラと比べても全く引けを取らない美味しさだそうです。食べすぎはもちろんよくはありませんが、少しでもストレスをなくすことを手助けできるスイーツではないでしょうか。

7:レモンの味に特化した柑橘系の味わいの「レモンの島」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選
気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

こちらのスイーツはいかがでしょうか。ここからはゼリーをご紹介いたします。まずは、レモンの産地として知られている広島の“広島レモン”を使ったest-ettoの瀬戸内フルーツジュレ「レモンの島」です。種類は「レモンの島」、「夏柑の島」、「ネーブルの島」の3つあり、レモンの味に特化した柑橘系の味わいが楽しめます。そのままでもいいですが、ホイップクリームと合わせたり、ラム酒をかけたりしても美味しいそうですので、ぜひ食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

8:みかんが3つも入った「田村みかんまるごとゼリー」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

おなかがすいている朝なので、食べ応えもあるゼリーを紹介いたします。田村みかんを使用した小南農園の「田村みかんまるごとゼリー」には、みかんが3つも入っています。甘くて濃厚なみかんと味も絶品でさっぱりとした風味のゼリーは、味はもちろんコントラストもとても印象に残るのだそうです。贅沢な気分を味わいたいときに相応しい、ゼリーの一つです。

9:果汁がたっぷり入った「蒲郡みかんの雫」

気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選
気持ちよく朝を迎えるために準備しておきたい朝スイーツ9選

こちらもみかんを使っていますが、食べ方に注意が必要なゼリーです。愛知県でも知られた蒲郡みかんを使ったはなのき堂の「蒲郡みかんの雫」。ブランドみかんを使っているほかにも特徴があり、なんと袋の開け方なるお知らせも同封されるほど、果汁がたっぷり入ったゼリーなのだそうです。着色料や保存料も一切使用していないので、お土産にも選びやすいのも魅力。口に入れるとみかんの味がダイレクトに伝わるゼリー、ぜひ朝の楽しみに選んでみてください。