「今年一年もよろしくお願いします」という意味を込めて、ご挨拶にお伺いする時に持参する「お年賀」。お中元やお歳暮などと同じでお世話になったあの人や、親しい人に普段なかなかできないご挨拶回りに伺う時に渡すものです。お正月の3日までに渡すのが礼儀とされていますが、最近では初七日までに渡しても失礼にはあたらないといわれています。めでたい一年の幕開けにふさわしい、華やかで好印象を残すお年賀にぴったりの品々をご紹介します。


1:今年もあなたのお家に「福」がたくさん舞い込みますように

お年賀の準備はもうできた?焦らないために今からリストアップをしておこう

古今東西、「福」の象徴として愛されてきた「フクロウ」。「福路」、「不苦労」などの当て字でご利益をもたらされると考えられてきました。そんなおめでたいフクロウのモチーフで作られたのがレイズン・ウィッチで有名な「小川軒」のキャラメルサブレ。ココナッツミルクパウダーを使用したサクサクのサブレに、蜂蜜、生クリーム、ミルク、砂糖、バニラを使用したキャラメルクリームは上品で飽きのこない味。家族や友人だけでなく会社関係の方にもピッタリのお年賀です。

2: 桐箱の中身は、関西を代表する名店の究極のコラボスイーツ

お年賀の準備はもうできた?焦らないために今からリストアップをしておこう

大阪を代表する「洋菓子店ポワール」。大阪市内の高級住宅地である帝塚山で1969年から愛される人気店です。そのポワールと、京都の老舗茶屋「祇園辻利」のコラボレーションで生まれた「御抹茶トリュフ」は、スイーツファンをうならせていると評判の一品。京都府南部の霧深い山里で丹精込めて栽培育成された茶葉を精選吟致し、石臼で丹念に挽き上げて作られた抹茶【建都の昔】は、祇園辻利最高峰の御抹茶。それをふんだんに使用し、絹のようになめらかなクーベルチュールチョコレートと合わせ、隠し味にほんのりと日本酒をきかせて極上のトリュフは、スイーツファンならずとも一度は食べたい銘菓です。威風堂々とした桐箱に入っているので、お年賀などのご挨拶にも最適です。

3:食べた人に幸せが来るプリン!?

お年賀の準備はもうできた?焦らないために今からリストアップをしておこう

スイーツの中でもプリンがいちばん好き、というプリン信者は多いのだとか。そんな熱狂的なプリンファンにお年賀を贈るならやっぱりプリン。でも有名店のプリンはきっと食べられているはずだし……。そうお悩みの方におすすめしたいのが中目黒にある「マカハラ」のプリン。こちらのプリン、もとはと言えば併設の居酒屋「マカハラ」のメニューにあり、人気を博してプリン専門店を出したというから味の保証はばっちりです。定番の「うれしいプリン」は卵黄たっぷりの濃厚蒸しプリン。卵の優しい甘さが食べた人を思わず笑顔にしてしまう幸せのプリン。その他にも季節限定のフレーバーもたくさんあります。

4:世界一のフィナンシェの称号を獲得。一番人気は意外なあのフレーバー

お年賀の準備はもうできた?焦らないために今からリストアップをしておこう

2011年の情報誌「フィガロスコープ」でNo.1に選ばれた「HUGO&VICTOR(ユーゴ アンド ヴィクトール)」のフィナンシェ。2010年にパリで生まれたHUGO&VICTOR。日本では表参道ヒルズと新宿伊勢丹にも店舗を構えています。卵白、アーモンドパウダー、焦がしバター、ハチミツといった厳選された素材の味を引き出し、外はカリッと中はしっとりと仕上げたフィナンシェ。プレーン、ショコラをおさえ、一番人気はめずらしいルイボス味。ルイボスティーの爽やかな後味と、ハチミツと焦がしバターのとろける様な甘さの融合は、クラシックとモダンの組み合わせを得意とするHUGO&VICTORならでは。男性にも喜ばれる甘すぎないスイーツです。

5:世界のリッツ・カールトンが手掛ける、セレブ感漂うフルーツジュース

お年賀の準備はもうできた?焦らないために今からリストアップをしておこう

世界を代表する五つ星ホテルリッツ・カールトンが手掛けるフルーツジュースがこちら。マンゴー、ブラッドオレンジジュース、ザクロ、ラズベリーはどれも厳選した産地の一流の原料だけを使用したもの。なんと果汁は最大100%というから、フルーツを食べているのも同然なのです。一本1,050円とジュースにしてはかなり高額なので自分用に買うのは少し気後れしますが、お年賀などの贈答用にしてみては?リッツ・カールトンの商品なので、老若男女いずれからも喜ばれること間違いないでしょう。

6:今年一年が、めで「鯛」一年になるよう願いを込めて

お年賀の準備はもうできた?焦らないために今からリストアップをしておこう

数ある魚の中でもお祝い事、めでたい行事に欠かせないのが「鯛」です。おめでたい名前に加え、大きな真っ赤な鯛はその見た目からも日本の祝いの席には欠かせないものです。そんな鯛をそのままお年賀にするのはさすがに無理があるので、鯛をかたどった最中はいかがでしょう?かつお節のなどを発売する「久右衛門」の「鯛茶漬けジュレ。フリーズドライの鯛などが入った最中を熱々のごはんに乗せて、お湯を注ぐと鯛茶漬けの出来上がりです。

7:アールジャパンチーズコンテスト優勝チーズはこれだ!

お年賀の準備はもうできた?焦らないために今からリストアップをしておこう

2007年~2011年ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで『最高賞 農水大臣賞』『準最高金賞』も受賞をしたことがあるチーズが福岡県糸満市で製造されています。作り手はデンマークや北海道でチーズ作りの修行をしてきた人物。どれも牛乳の味をダイレクトに味わえる自然のおいしさが特徴ですが、中でもお店自慢の一品は「コハク」。熟成に時間のかかるチーズで、熟成期間によって味にスモーキーさ加わるのが特徴。ワインやビールにとても合うので、お酒好きな方に贈りたいですね。