魚肉・食塩・食用油。……材料は以上です。

前略、八幡浜から。モノがいいからこそ出来る、究極の「引き算」のじゃこ天!
前略、八幡浜から。モノがいいからこそ出来る、究極の「引き算」のじゃこ天!

愛媛県八幡浜市。JR八幡浜駅から徒歩数分の場所にある「くずし鳥津」(愛媛県でも南予のほうでは、かまぼこやちくわ、などのことを総称して「くずし」と言います)。

 

八幡浜港は目と鼻の先。先代からの教え「魚を仕入れる時は、目をつぶっとってもええもんになる魚を仕入れよ」を受け継ぎ、上質のほたるじゃこだけを選んで、素材の味を引き出している、えひめ伝統食品士でもある、二代目。

前略、八幡浜から。モノがいいからこそ出来る、究極の「引き算」のじゃこ天!

さしみ蒲鉾、たちうお巻(太刀魚を三枚におろし、竹に巻き付けて焼いたもの)、あげ巻(蒲鉾のすり身をうす揚げで巻いたもの。我が家では「おせち料理」のテッパンです!)など、ラインナップはいろいろ。

前略、八幡浜から。モノがいいからこそ出来る、究極の「引き算」のじゃこ天!

今回ご紹介するのは、究極のじゃこ天。じゃこ天に並々ならぬこだわりを持った二代目の手によって生み出された渾身の逸品、その名も「前略、八幡浜から。南伊予の塩でつくったじゃこ天です。」(これが商品名です!!)塩味と醤油味がある。

前略、八幡浜から。モノがいいからこそ出来る、究極の「引き算」のじゃこ天!

最も驚くべきは原材料。塩味のほうでいうと、材料は「魚肉、食塩、食用油」以上。なんて潔いんだ!とこの商品が誕生したと聴いた時は正直唸りまくった。愛媛県明浜工場で造った「伯方の塩」を使い、すり身の温度管理と塩との極限のバランスを追求し、味と食感を極めたじゃこ天。二代目鳥津康孝さん曰く「無添加のものを、と考えてつくったんやないんよ。魚そのものがええから『つなぎ』や旨み調味料は要らん。今は宅配スピードも上がってるから保存料も要らん。そうやって引き算していったらコレに辿り着いたんよ」と。

前略、八幡浜から。モノがいいからこそ出来る、究極の「引き算」のじゃこ天!

トースターでじっくり焼くと、ぷ〜っとじゃこ天が膨らんでくる。これこれ。揚げたてのじゃこ天を知っている我々愛媛の人間でも、テンションのあがる瞬間だ。さっと取り出し、何も付けずにかぶりつく!雑味がなく自然の魚の風味と食感、それでいて固すぎずふわふわしていて、ほんのりとした塩気が、意外にも優しい味わいのじゃこ天!……参ります。これを食べると、普段どれだけ「足し算のじゃこ天」を食べていたかに、改めて気づかされてしまうほど。

 

「これが鳥津さんのつくったものですか。では安心して頂けますね」こんなコトバをかけてもらえたら嬉しいと二代目。南予のソウルフードを世界へ!挑戦はまだまだ続いている。