缶詰博士が信頼している缶切りはこれ!ドイツ製の「フェリオ」

この缶切りは僕が愛用しているドイツ製の「フェリオ」というやつ。ハンドルをくるくる回して切っていく「回転刃型」というやつだが、従来の回転刃型は、フタを真上から切っていく仕組みだった。

 

しかし、これは違う。

 

左側の画像をじっとご覧いただきたい。金属の棒と、丸いボタンのような部品の下に、グレーの小さな刃が顔を出しているのが見えると思う。これを缶詰にあてがうと(右画像)、刃が縁のふくらんだ部分に横から当たることになる。

 

さあ、この刃がいったいどこを切っているのかというと……。


外側1枚を切る!

缶詰博士が信頼している缶切りはこれ!ドイツ製の「フェリオ」

フタの、この部分を切っていくのだ。

 

缶詰のフタは「二重巻締め」という構造になっていて、缶胴の縁とフタの縁を重ね合わせ、くるくると二重に巻いて締め付けている。とても堅牢な作りなのであります。

 

この缶切りは、巻締めたフタの外側一枚だけを切っていくという、まるで居合いの達人のようなやつだ。だから、一周切り終わってフタを持ち上げると……。


衛生的でもある

缶詰博士が信頼している缶切りはこれ!ドイツ製の「フェリオ」

こんな風に取れる。それこそ、被さっていたフタを開けるような感じである。

 

外側だけを切っているから、金属の切りくずが出たとしても缶の中には入らない。おまけに刃が中身に触れていないから、衛生的でもある。

 

さて、さて。

 

この缶切りの真の実力が発揮されるのは、さば缶を開けたときであります。

 

フタを取り去り、深皿をかぶせて、一気にひっくり返してみよう。そうして、そっと缶を持ち上げると……。


美しさは大事

缶詰博士が信頼している缶切りはこれ!ドイツ製の「フェリオ」

かくのごとし。

 

さばの皮がはがれず、そのままのお姿で出てくるのだ。

 

缶切りいらずのプルトップ式缶詰はとても便利だが、フタを開けたあとに缶内側に縁が残る。ところがさばの身は内径いっぱいに詰められているから、引っ張り出すときに縁に皮が引っかかり、ぺろりと剥けてしまう。それでは盛りつけたときに、ぜんぜん美味しそうに見えないではないか。

 

ということで、この缶切りは安全で、かつ中身を美しく取り出すことが出来るすぐれものであります。

 

僕の愛用しているのはフェリオという商品だが、同じ仕組みの缶切りはいくつか出ている。日本のものだと「トッパー缶切り」というのがそれです。