プレタノマイセス酵母とは?

6ヶ月後に魔法がかかる!長期熟成で進化する、エキサイティングなビールはいかが?

ワインが好きな方なら、ちょっと眉をひそめてしまうかもしれません。ブレタノマイセスは酵母の一種ですが、一般には特にワインの香りに悪い影響を与えるとされていて、いわゆるオフフレーバー(品質劣化による異臭)を発生させるともいわれています。しかし、最近では必ずしも悪影響を及ぼさない場合もあることがわかり、むしろこの酵母によってワインの香りに個性を持たせる事例もあり、いろんな意味で注目されています。悪名高き(?)プレタノマイセス酵母ですが、その酵母を使って醸造したビール、THE WILD BEER CO.の『Evolver IPA』をご紹介します。


6ヶ月後、酵母が瓶内で煌めきはじめる

6ヶ月後に魔法がかかる!長期熟成で進化する、エキサイティングなビールはいかが?

このビールは、醸造に100%プレタノマイセス酵母を使用し、6週間かけて醸造。その手法は今注目のビアスタイル、ベルギーのブリュッセル近郊で伝統的に醸造する自然発酵ビール「ランビック」に通じています。瓶詰めしてから最初の3ヶ月は、他のフレッシュなエールと同じテイストをしています。その後、瓶の中で酵母が煌めきだし、6ヶ月後に「魔法」がかかります。ビールにおいてこの酵母は、他の酵母にくらべてホップのフレーバーを長期間フレッシュに保ってくれるというメリットがあるそうです。IPA(インディア・ペール・エール=ホップを多量に使用したホップの香りと苦味を楽しめるビアスタイル)として大量のドライホップが使用されていても、このビールの味わいはすっきりとしていて、時間を経ることで酵母とホップが結びつき、複雑で特徴ある味わいを紡ぎだしていくのです。

 

このビールを見かけたら2本入手して、3ヶ月以内と6ヶ月以降に1 本ずつ栓をあけてみてはいかがですか? 貯蔵したボトルの酵母は澱として瓶底に溜まっています。ゆっくりとボトルを廻して酵母を全体にいき渡らせて飲むもよし、酵母が舞わないように静かにそそいで、味わいの変化を楽しむもよし。ひと瓶にこめられた魔法を楽しんでみてください。