オールいわて×いわて南部杜氏の結晶の一瓶

オールいわての賜物『純米大吟醸 玄会』

私の地元の岩手県一関市の門崎という地域に、田圃の用水路に絶滅危惧種に指定されているクロメダカやゲンジボタルが行き交う、自然環境と共存する米作りを実行している『門崎ファーム』という生産者団体があります。彼らが昔ながらの環境で育てたいわてオリジナルの酒造好適米「吟ぎんが」は、地元で創業100年以上の歴史を持つ『磐乃井酒造』によって、穏やかながらも華やかな香りと味わい、そしてお米の持つ奥深い力強さの引きだされた、「純米大吟醸 玄会」に昇華しました。

 

酒精を引き出すために使用されるものも、いわてオリジナル清酒酵母「ゆうこの想い」、そしていわてオリジナル麹「黎明平泉」。

 

一関のむかしながらの山里の環境で育てられたお米が、いわて発祥「南部杜氏」伝統の技術を経て、長く厳しい冬を越え、瓶につめられる。季節を跨ぎながら行われるお酒造りは、まだ見ぬ未来への祈りのように感じます。

 

地元の伝統を、いま、ここに繋ぐ。いわて一関の想いのこもった、「純米大吟醸 玄会」。穏やかな味わいは食中酒にも最適です。これからの季節、暑さの和らぐ夕下がりにご友人やご家族とお酒の作られたどこか懐かしい風景に思いを馳せながら、さしつ、さされつ、お酒を酌み交わすのも、たまにはいいのではないでしょうか。

オールいわての賜物『純米大吟醸 玄会』