サクッモチッ『オレオベーグル』オレオファンならずとも試してみたい

サクサク?もっちり?オレオベーグル

【Photo by petitpain】

大好きオレオをベーグルに入れてみませんか?オレオはクッキー生地がサクサク、クリームはしっとりしていますが、ベーグルに入れると焼き立てはサクふわ~で不思議な食感です。時間が経つとベーグル生地はもちもち、オレオもしっとりしてきます。焼き立てと時間が経ったベーグルの食べ比べも面白いですね。

今回のベーグル生地はライ麦を入れて少しどっしりめにしています。インスタントコーヒーを生地に混ぜてほろ苦さを出し、マーブル模様に仕上げます。オレオが入っていますが、ベーグル自体はさほど甘くないのでちょっと甘めのフィリングをサンドするといいです。オレオを使ったアレンジレシピもご紹介しますので、オリジナルのオレオベーグルを楽しんでみてください。

オレオベーグルのレシピ

オレオベーグルの材料(4個分)

強力粉 160g
ライ麦粉(細挽き )40g
ドライイースト 小さじ3/4
砂糖 小さじ2
塩 小さじ1/2
ぬるま湯 110~120cc
インスタントコーヒー 大さじ1/2
オレオ 5枚
砂糖(茹で用) 大さじ1

1.オレオを砕きます。

オレオをジップロックの袋に入れて麺棒で叩きます。クリームがくっ付きますが、そのままで大丈夫です。

2.生地をまとめて捏ねます。

ボウルに強力粉、ライ麦、ドライイースト、砂糖、塩を入れます。ぬるま湯を加えてひとまとめにします。

【ポイント】
ベーグルの弾力を付けたいので、水分は少なめにします。110ccから加えて調整します。

生地がまとまったら、台に出して弾力が出るまで捏ねます。

3.コーヒーを混ぜます。

生地に弾力が付いてきたら、生地を広げてインスタントコーヒーをのせます。上に生地を持ってきて閉じます。

コーヒーを混ぜます。生地の上から押すように4~5回手で伸ばし、コーヒーをまだらに混ぜます。

【ポイント】
ここであまり混ぜすぎるとマーブル状の模様が出ないので、控えめにします。

4.生地を分割して休ませます。

生地を4等分に分割し、丸めます。濡れ布巾をかけて15分休ませます。

5.オレオを混ぜて成形します。

生地を20cmに麺棒で伸ばします。1のオレオを生地の下2/3にのせます。下から空気が入らないように巻きます。

【ポイント】
空気が入ってゴロゴロした感じがしたら、竹串を生地に刺して空気を抜きます。

手で生地を転がしながら25cm位に伸ばし、片方は太く、片方は細くします。太い方を平たく3cmほど潰します。

細い方の生地を平たい生地の上にのせて、平たい生地で包みしっかり閉じます。

【ポイント】
ここでしっかり生地をつなげておかないと、茹でた時に外れてしまいます。

6.発酵させます。

濡れ布巾をかけて、温かい所で1.5倍の大きさになるまで発酵させます。

7.茹でて焼きます。

大きめの鍋かフライパンに水を半分ほど入れ、沸騰させます。お砂糖を加えて溶かし弱火にします。6のベーグルを入れて片面1分ずつ両面茹でます。

【ポイント】
沸騰したお湯で茹でると生地にシワができるので、弱火で茹でます。

あみじゃくしですくい、天板にのせます。200度に予熱したオーブンで15~18分焼きます。

焼き立てはカリカリ、時間が経つともっちり噛み応えのあるオレオベーグルの完成です!
ベーグルにクリームチーズスプレッドをサンドしてみました。クリームチーズにお砂糖とラム酒漬けレーズン、ローストしたクルミを砕いて混ぜて、半分にカットしてサンドします。オレオベーグルのほろ苦さにぴったりな味になります。

【Photo & Recipe by petitpain】

ポイントは?

・オレオを混ぜる時は空気が入りやすいので、しっかりめに巻き空気が入ってしまったら竹串を生地に刺して空気を抜きます。

・成形するときはしっかりとじ目をつなぎます。茹でる時にとれてしまうことがあります。

・茹でる時は弱火で片面1分ほどです。強火だったり、長い時間茹でてしまうと表面にシワができてしまいます。

気になるお味は?

オレオとコーヒーのほろ苦さが大人の味です。口に入れるとオレオが先に溶けるような感じで、残りのパン生地をしっかり噛みしめていただきました。甘いホットミルクに良く合います。オレオはベーグルに入れるとそのままの状態よりしっとりします。焼き立てはちょっとサックリ感が残って、皮もカリカリしています。時間が経つと生地もオレオもしっとりモチモチになりました。

こんな生地や具も合う!アレンジレシピ

プレーン生地のオレオベーグル

オレオを生地に練りこんで、具としてさらに巻きこんだダブルのオレオベーグルです。外側の生地はサクサク、中のオレオはしっとりのたまらないお味です。オレオは8枚入れると生地がちょっとべた付きやすくなるので、初めて作る方は6枚がおすすめです。

♦材料 3個
強力粉 150g
水 80g
砂糖 10g
塩 2g
ドライイースト 小さじ1/4
オレオ 6~8枚
蜂蜜 大さじ1

詳しいレシピはこちら

オレオ入り!パンプキンベーグル

黄色の甘いカボチャ生地に、ビターなオレオの濃い茶色と味が一体となったベーグルです。カボチャは皮を使わず中身だけ使うときれいなかぼちゃペーストになります。オレオを加える時は軽め混ぜましょう。軽めのほうがきれいなマーブル模様になります。

♦材料 4~6個分
強力粉 300g
かぼちゃペースト 100g
水 120g~140g
塩 4g
砂糖 10g
イースト 4g
オレオクッキー 1個につき1.5個

詳しいレシピはこちら

オレオとクランベリーのベーグル

オレオと甘酸っぱいクランベリー入りのベーグルです。カットするとクランベリーの赤とオレオのブラックココアがきれいです。クランベリーが手に入らない場合はレーズンでもいいですね。ドライフルーツが入ると香りや甘さが出ておいしくなります。

♦材料 4個分
強力粉 250g
砂糖 15g
塩 5g
ぬるま湯 130cc
ドライイースト 4g
オレオ 4枚
クランベリー 好きなだけ
茹でる用の水 適量
砂糖か蜂蜜 大さじ2

詳しいレシピはこちら

牛乳仕込みの抹茶オレオベーグル

固いイメージのベーグルですが、水の代わりに牛乳を仕込み水にしてソフト感を出しています。オレオクッキーのほろ苦さと抹茶のほろ苦さがマッチした大人味のベーグルです。ベーグル生地と具にもオレオを入れ込んで、贅沢に仕上がっています。

♦材料 3個
強力粉 142g
牛乳 90g
砂糖 10g
抹茶パウダー 8g
塩 2g
ドライイースト 小さじ1/3
オレオ 6~8枚
蜂蜜 大さじ1

詳しいレシピはこちら

チョコたっぷりオレオベーグル

お子さんも大好き、チョコチップをたっぷり入れたオレオベーグルです。ベーグル生地にオレオを練りこみ、後からチョコチップを加えて巻きこみます。オレオのココア風味とチョコチップでダブルのチョコ風味が楽しめます。小さいタイプのオレオを使用していますので、大きいオレオの場合はグラム(65g)で計量されるいいです。

♦作り方
強力粉 200g
ドライイースト 2g
三温糖または砂糖 15g
塩 3g
ぬるま湯 120ccくらい
オレオ 1袋(65g)
チョコチップ 好きなだけ
ゆでる用の蜂蜜か砂糖 大さじ1強

詳しいレシピはこちら

オレオを楽しくベーグルに♪

【Photo by petitpain】

オレオベーグルはいかがでしたか?オレオはおいしくてたくさん入れたくなりますが、あまり入れ過ぎても混ぜにくいので、1個のベーグルに1個から1個半ほどのオレオを入れるといいと思います。
オレオベーグルの醍醐味は何と言ってもカットした時です。オレオがどんなマーブル模様になっているか、わくわくドキドキします♡焼き立てと時間が経った時の食感の違いも面白いです。
甘さ控えめのベーグルなので、甘めのフィリングをサンドしてオレオベーグルをぜひ楽しんでくださいね。


Related Posts

青いドアが目印『ブラフベーカリー』NYスタイルのおすすめパン10選

青いドアが目印『ブラフベーカリー』NYスタイルのおすすめパン10選

『おすすめパン焼き器特集』毎日焼きたてが食べれる♪

『おすすめパン焼き器特集』毎日焼きたてが食べれる♪

サンドウィッチにもフォトジェニックの時代が到来!POTASTAのサンドウィッチを食べに行こう♡

サンドウィッチにもフォトジェニックの時代が到来!POTASTAのサンドウィッチを食べに行こう♡