レモン、梅干し、お酢のレシピ♪「クエン酸」を美味しく摂り入れて、疲れ知らずの夏にしよう

クエン酸で疲れ知らずの夏を過ごそう!

ほかの季節に比べて特に夏場は疲れを感じやすい時期。原因のひとつは、エアコンが効いた場所など、快適な空間にいることで、体の温度を調整する自律神経の働きが衰えてしまうからです。涼しいエアコンの効いた部屋と暑い外を行き来するなど体の感じる温度変化が激しいことによって、からだの疲れなどが出てきます。

出典: www.flickr.com

ほかの季節に比べて特に夏場は疲れを感じやすい時期。原因のひとつは、エアコンが効いた場所など、快適な空間にいることで、体の温度を調整する自律神経の働きが衰えてしまうからです。涼しいエアコンの効いた部屋と暑い外を行き来するなど体の感じる温度変化が激しいことによって、からだの疲れなどが出てきます。

クエン酸とは?

そんな体調を崩しがちな夏におすすめしたいのが、クエン酸を使ったレシピです。そもそも、クエン酸とは酸っぱい成分のこと。レモンなどの柑橘類のほか、梅干しやお酢など日本になじみの深い食品にも多く含まれています。

そんな体調を崩しがちな夏におすすめしたいのが、クエン酸を使ったレシピです。そもそも、クエン酸とは酸っぱい成分のこと。レモンなどの柑橘類のほか、梅干しやお酢など日本になじみの深い食品にも多く含まれています。

クエン酸の効果

クエン酸には大きく分けて3つの効果が期待できます。まずは、疲労回復です。疲労を感じる物質である乳酸をクエン酸が肝臓に送り出し、エネルギーへと変換されることで、疲労が軽減されます。さらに、からだのだるさの原因になる活性酸素を取り除いたり、血液をサラサラにする効果もあるので、疲弊した体も元気にすることができます。

クエン酸には大きく分けて3つの効果が期待できます。まずは、疲労回復です。疲労を感じる物質である乳酸をクエン酸が肝臓に送り出し、エネルギーへと変換されることで、疲労が軽減されます。さらに、からだのだるさの原因になる活性酸素を取り除いたり、血液をサラサラにする効果もあるので、疲弊した体も元気にすることができます。

夏にクエン酸を含んだ食品が良いとされる理由

夏にクエン酸がおすすめの理由は、疲労回復効果があり、からだのだるさを軽減してくれるだけではありません。夏は、からだのだるさだけでなく、食欲不振にも陥りやすい時期。クエン酸を含む食品は、さっぱりしいて、食欲がないときでも比較的食べやすいので、夏におすすめなのです。

出典: www.bloglovin.com

夏にクエン酸がおすすめの理由は、疲労回復効果があり、からだのだるさを軽減してくれるだけではありません。夏は、からだのだるさだけでなく、食欲不振にも陥りやすい時期。クエン酸を含む食品は、さっぱりしいて、食欲がないときでも比較的食べやすいので、夏におすすめなのです。

ちなみに加熱してもOK

ちなみにクエン酸の嬉しい点は、加熱してもしっかりと効果があるということ。生のレシピはもちろん、フライパンや蒸し器などを使ったレシピも大丈夫ということです。

出典: www.thekitchn.com

ちなみにクエン酸の嬉しい点は、加熱してもしっかりと効果があるということ。生のレシピはもちろん、フライパンや蒸し器などを使ったレシピも大丈夫ということです。

お酢を使ったレシピでさっぱり!

さっぱり前菜にもおすすめ

きゅうりとタコの酢の物。野菜だけでなく、同時にたんぱく源でもあるタコをいただけるのが良いですね。タコにはタウリンが含まれているので、疲れていてこってりしたものが食べられないときにもおすすめです。

出典:

きゅうりとタコの酢の物。野菜だけでなく、同時にたんぱく源でもあるタコをいただけるのが良いですね。タコにはタウリンが含まれているので、疲れていてこってりしたものが食べられないときにもおすすめです。

こちらはお正月に定番の紅白なます。柚子をプラスすることによって、さらに食欲を促進させます。不足しがちな根菜をしっかり摂取できますよ。

出典:

こちらはお正月に定番の紅白なます。柚子をプラスすることによって、さらに食欲を促進させます。不足しがちな根菜をしっかり摂取できますよ。

夏の風物詩と言えば、もずく酢も欠かせませんね。スルスルといただけるので、食欲のない朝にもぴったり。

出典:

夏の風物詩と言えば、もずく酢も欠かせませんね。スルスルといただけるので、食欲のない朝にもぴったり。

お酢の力でスタミナをつけよう!

お酢とタンパク質の組み合わせでよく知られている夏にぴったりの南蛮漬けです。鯖以外にも、アジなどを使って調理しても美味しくいただけますよ。

出典:

お酢とタンパク質の組み合わせでよく知られている夏にぴったりの南蛮漬けです。鯖以外にも、アジなどを使って調理しても美味しくいただけますよ。

お酢を使った代表レシピと言ったら酢豚も外せませんね。あげないタイプの酢豚なので、あまり重みがなく、さらっといただけますよ。

出典:

お酢を使った代表レシピと言ったら酢豚も外せませんね。あげないタイプの酢豚なので、あまり重みがなく、さらっといただけますよ。

酢豚と並んで、黒酢を使った鶏唐揚げのあんかけもおすすめです。

出典:

酢豚と並んで、黒酢を使った鶏唐揚げのあんかけもおすすめです。

レモンを使ったレシピでフルーティーに

常備レシピとして

レモネードにもおやつにも万能なはちみつレモン。レモンをはちみつに漬けるだけの簡単レシピです。使いやすいのが◎

出典:

レモネードにもおやつにも万能なはちみつレモン。レモンをはちみつに漬けるだけの簡単レシピです。使いやすいのが◎

レモンの香りが食欲をそそるマリネ

献立を洋食にするのなら、前菜にさっぱりレモンを使ったマリネはいかがでしょう。

出典:

献立を洋食にするのなら、前菜にさっぱりレモンを使ったマリネはいかがでしょう。

肉や魚×レモンの組み合わせ

からだの疲れをとるにはバランスよく食べることが大切。しかし、なかなか脂っこい肉や魚は食欲が進まなかったりしますよね。そんなときは、レモンをプラスしてあげるだけで、より食べやすくなりますよ。

出典:

からだの疲れをとるにはバランスよく食べることが大切。しかし、なかなか脂っこい肉や魚は食欲が進まなかったりしますよね。そんなときは、レモンをプラスしてあげるだけで、より食べやすくなりますよ。

オクラのネバネバは、夏バテにも効果があると言われています。レモンとかけ合わせることで、夏の疲れにWの効果を期待できますね。

出典:

オクラのネバネバは、夏バテにも効果があると言われています。レモンとかけ合わせることで、夏の疲れにWの効果を期待できますね。

洋食にも和食にも合う梅を使ったレシピ

副菜におすすめのレシピ

シンプルに長芋に梅を和えたレシピ。長芋はクエン酸を同じで疲労回復のほか、便秘解消にも良いので積極的に摂取したいですね。

出典:

シンプルに長芋に梅を和えたレシピ。長芋はクエン酸を同じで疲労回復のほか、便秘解消にも良いので積極的に摂取したいですね。

ちりめんじゃこと組み合わせた和風サラダ。納豆も取り入れたレシピなので、食欲がわかないときにおすすめです。

出典:

ちりめんじゃこと組み合わせた和風サラダ。納豆も取り入れたレシピなので、食欲がわかないときにおすすめです。

梅を取り入れた主菜

夏と言えば、冷しゃぶが美味しい季節です。梅シソだれでいただくと、さっぱり美味しくいただけますよ。

出典:

夏と言えば、冷しゃぶが美味しい季節です。梅シソだれでいただくと、さっぱり美味しくいただけますよ。

ちょっぴりこってりした揚げ物も、梅とかけ合わせれば怖いものなし。ジューシーな食感を残したまま、さっぱりいただくことができます。

出典:

ちょっぴりこってりした揚げ物も、梅とかけ合わせれば怖いものなし。ジューシーな食感を残したまま、さっぱりいただくことができます。

ご飯やパスタなどとの相性も抜群

梅は、ご飯との組み合わせにもおすすめの食材です。梅干しだけでももちろん、だし汁を組み合わせるとより美味しくいただけますよ。

出典:

梅は、ご飯との組み合わせにもおすすめの食材です。梅干しだけでももちろん、だし汁を組み合わせるとより美味しくいただけますよ。

梅はパスタとの相性も良い食べ物です。知らすと組み合わせてさっぱりいただきましょう。冷製パスタにしてもおいしくいただけそうですね。

出典:

梅はパスタとの相性も良い食べ物です。知らすと組み合わせてさっぱりいただきましょう。冷製パスタにしてもおいしくいただけそうですね。

おわりに

だるさや疲れを感じやすい夏だからこそ、しっかり栄養と摂ることが大切。クエン酸をうまく使って、しっかりバランスの取れた食事がとれるように工夫してみましょう。