醸造酢や植物油に、カツオや昆布の風味なども加わる

【高知・安芸】カツオや昆布入りで何にでも合う!まさに万能なドレッシング

高知県安芸市は、高知市や空港の東方にある人口約17000人といった小さな市で、林業や製炭業、海運業などが基幹産業であるほか、三菱グループの前身である三菱財閥の創立者である岩崎弥太郎の出身地としても知られています。そんな安芸市の国道55号線沿いに、1軒の洒落たレストランがあります。それが『chez nous(シェ ヌウ)』。経営は同じ敷地内にある「有限会社 安岡重機」という企業。一般貨物自動車の運送やクレーン等のリース、一般建設業を営んでいましたが、レストランも始めたというわけ。他にも、木質バイオマス加工など様々な事業を展開されていて、まさに高知県の産業に貢献しています。店内は木目を活かしたテーブルが並び、奥には暖炉もある素敵な空間。高知県では珍しく、スープカレーが人気で、他にもカフェとしても利用できるアットホームな1軒です。


パスタやぶっかけうどんなどにもぴったり

【高知・安芸】カツオや昆布入りで何にでも合う!まさに万能なドレッシング

そんな『chez nous』でサラダにかけていたドレッシングが大評判で、ついに商品化されました。その名も「ガーリックチップ入り万能ドレッシング」。醸造酢と植物油がメインのドレッシングなのですが、ほんのりとしたフルーティーな味わいが伝わってきます。さらにガーリックチップ入りなので、奥行きのある香ばしさが加わっていて、特にサラダなどでは素材本来の美味しさを引き立てますね。でも、ここまでなら他のドレッシングと同じなのですが、これ「万能」と謳っているだけあって、パスタやぶっかけうどんなんかにもぴったり。というのは、カツオ節や昆布だしも原材料なのです。そのため、和のテイストが重なり合うので相乗効果でなんにでも合うというわけ。まさに万能!ぜひ試してみて欲しいドレッシングです!