野菜からパンまできれいに切れる!ツヴィリング J.A. ヘンケルスのプロ用包丁

料理に携わるようになってから、ずっと使っている道具に包丁があります。自分のお店を持つまでは好きな調理道具や調理器具などはありましたが、お店にあるものを使っていました。その代わり、包丁は自分のものを用意してずっと使ってきています。最初は用途に合わせて包丁を用意できませんでしたが、経験を重ねるうちに自分の好みやスタイルができてきて、包丁もそれに合わせて使い分けてきました。今回は、今使っている包丁を紹介いたします。

 

280年以上の歴史あるドイツのメーカー“ツヴィリング J.A. ヘンケルス”。包丁やナイフ、ハサミなどの刃物から、フライパンや調理器具、カトラリーなどを販売しています。こちらで使っているのが、「TWIN Cermax(ツイン セルマックス) MD67」のシリーズです。ツヴィリング最高峰のナイフで、ダマスカス紋様は、ブレードの両側からステンレスとニッケルを交互に66層重ね合わせた美しい133積層構造のため、同じものがありません。

使い続けるのには訳がある!老舗ドイツメーカーの包丁「ツイン セルマックス」

この包丁は力を入れなくても切れるのでとても使いやすく、トマトなども崩れずにきれいな形で切ることができます。他にも魚やパンもこれさえあれば十分。他にはぺティナイフも使っています。

使い続けるのには訳がある!老舗ドイツメーカーの包丁「ツイン セルマックス」

料理教室などでもよく使用している包丁を聞かれることも多いのですが、やっぱりプロ用なので家庭で使う場合は、「ツヴィリング アーク」を紹介しています。ツイン セルマックスとも同じランクであるので、家庭で使うなら申し分ないくらい素晴らしい包丁だと思います。

 

切れ味のよさはもちろん、材質やかっこよさも兼ね備えた“ツヴィリング J.A. ヘンケルス”の包丁、ぜひ一度使用してみてください。

使い続けるのには訳がある!老舗ドイツメーカーの包丁「ツイン セルマックス」