横浜といえばオシャレなイメージがありますが、それだけが横浜ではありません。海から山まで横浜なのです。本当の横浜を知れば、もっと横浜が好きになります。そこで今回は、横浜のあまり知られていない、美味しいものをまとめました。これを知っていればあなたも今日からハマっ子です。


1:横浜裏名物パキスタンカレー!

あなたは生粋のハマっ子?隠れ横浜名物どのくらい知ってる?

東急東横線「白楽」駅から少し歩いた場所に、一風かわった佇まいのカレー屋さんがあります。店の看板には「一部の人に理解される」や「地球上で最も納得がいく1000円の使い道」など、一見カリーという文字がなければ何の店なのかわからない「サリサリカリー」。パキスタンのおふくろのカレーを作るこの店は、「ガチでうまい横浜の商店街カレーNO・1決定戦「ガチカレー」(2014年)」(主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会)で優勝を果たすほど絶品カレーが食べられます!

2:本物の柿ピーはこれ!

あなたは生粋のハマっ子?隠れ横浜名物どのくらい知ってる?

美濃屋あられの「横浜ビア柿」は、辛口のビールにも黒ビールにも本当によく合う、濃口醤油をからめた柿ピーです。唐辛子もきいていて、なかなかのインパクトです。もち米に風味を感じられるように、火加減にも細心の注意をはらっています!

3:横浜の梨は絶品!

あなたは生粋のハマっ子?隠れ横浜名物どのくらい知ってる?

“幻のなし”と異名をもつ「浜なし」。横浜で梨の生産とは意外と感じる人もいるかもしれません。その生産量はスーパーや八百屋の店頭に並べるほど多くはなく、直売所でも売り切れてしまうほど甘い梨なのです。シャキシャキとした食感も楽しめますし、甘味もたっぷりと味わえ、幸水ならではのほのかな酸味も感じられます。
※例年8月中旬~9月上旬頃に販売されます