間もなくシーズンイン! 海で遊ぶボディは仕上がっていますか? もう一息という人は、夏を楽しみながら、ボディを仕上げていきましょう! 食のセレクトなら、おすすめは「CHIKEN」。
食べないダイエットではなく、ハリとツヤをアゲながらキレイになるボディリメイクにチャレンジしましょう。

水着に似合うメリハリボディを鶏肉でゲットする!

Licensed by gettyimages®

鶏肉は何と言っても低カロリー。でもGINGER世代の体作りなら注目すべきなのは、高タンパクで低脂肪なうえに、低糖質という点。夏は特に薄着のシーズン。ビーチで水着になる機会もあるからこそ、細くて貧弱なボディでは魅力は半減……。タンパク質をしっかり摂りいれて、元気いっぱいのハリのあるボディを目指しましょう。
さらに鶏肉に含まれるビタミンは、代謝促進のサポートをしてくれる最強の味方に。代謝がアガるということは、カラダが仕上がるスピードも速くなるということ! コラーゲンも含まれているので、肌のツヤもアップします。
 
 

時短で仕上がり、栄養を余さず吸収できる「無水鍋」で調理!

「素材の旨味と栄養を生かしたスピーディーな料理をいかにつくるか」を追及して完成した、鍋の傑作。無水鍋 ムスイ 20cm
 
余分に水を加えず、加熱時間が短くすむので、デリケートなビタミン、ミネラル等の損失が少なくてすむのが大きな特徴です。
 
無水鍋(R)は、本体、フタとも、熱伝導率がよく耐久性に優れた厚手の高級アルミ鋳物製。1953年発売以来の機能と基本デザインを守りながら、より使いやすくより美しく現代のライフスタイルに合わせたつくりになっています。無水調理はもちろん、炊飯鍋、てんぷらなべ、オーブンとしても使える多機能鍋です。
あなたの美容アイテムに加えてみませんか?
 
 

オンラインショップへ

まとめて作って冷蔵庫に常備! 「鶏肉の無水ゆで」

旨味が逃げずにふっくら、中までしっとりジューシィに仕上がります!
蒸すよりもスピーディ!
バンバンジーに。の後の改行しないで繋げる細かく割いてバンバンジーに。
また、蒸し鶏と同じようにサラダやおつまみなど幅広く使えるので、まとめて作って冷蔵庫に常備しましょう!
 
●材料
・鶏肉           1枚
・しょうが          1片
・長ねぎ(青い部分)  1本分
・酒             大さじ2
 
●作り方
1 鶏肉は、厚い部分に切りこみを入れておく。
しょうがは薄切りにする。
無水鍋に鶏肉を皮目を下にして入れ、しょうが、長ねぎをのせ、酒をふる
 
2 フタをセットして中火にかける。
沸騰したら(フタの間から蒸気がもれてきたら)、ごく弱火にして7~10分ほど加熱する。
 
3 フタをあけて出来上がり!
ごく弱火にしてからの加熱時間は肉の厚みにより異なるので、串を刺してみて煮え具合を確認してください。